大好きなハンドメイドと育児について綴っていきたいと思います。
生まれました&ベビーグッズ 小物編
画像 025
11月29日に無事3114gの男の子を出産しました。

以下自分のための出産記録なので興味のない方はスルーしてください。

予定日は12月15日だったのですが、実家から病院まで雪道だと1時間以上かかる&3人目で分娩の進行が早い可能性があるので、先生と相談して安全を考慮して予定分娩を選択しました。

11月29日の8時半に入院。
先生の診察の後、バルン挿入。
バルン挿入1時間後から陣痛促進剤開始。
その後陣痛が始まり、バルンが抜けた後から、陣痛が弱まてしまう。
促進剤の流量を少しずつアップして、再び陣痛が強くなり、16時7分に出産。

師長さん(ムスメをとりあげてくれた)指導の下、助産師さんの卵さんがついてくれました。
助産師さんの卵さんの診察の後、師長さんも診察するので、毎回2度痛い思いをしましたが、一生懸命診てくれる助産師さんの卵さんと非常に頼りになる師長さん、そして助産師さんの卵さんの指導者の助産師さんと3人もの助産師さんに見てもらったので心強かったです。

3人目のせいなのか、助産師さんにすごく落ち着いていると言われたけれど、やっぱり陣痛も分娩も痛いですね。。。

出産時は、ムスメは怖いからと母と一緒に退出したのですが、ムスコは何度退出を促されても部屋から出ない!と言い張って、ムスコ立会いの下出産しました(笑)
出産日の前日、出産の経過のイラストを子供達と一緒に見ていて、「赤ちゃん引っ張ってね!」と冗談で言ったら、やる気満々になったムスコ。
赤ちゃんを引っ張らなければという使命感に燃えていたのかな?
助産師さんに面倒見てもらいながら、足元で立ち会ったムスコ。
記憶に残るのかしら??

入院中、2晩続けて寂しくて泣いたムスコ。そのムスコをムスメがなだめていたようです。
ムスメは泣かなかったけれど、ムスメの方が寂しいのを我慢していたみたいです。

留守番させるの可哀想なので、1日早く4日目で退院させてもらいました。

退院後は、ムスメとムスコの赤ちゃんの取り合い(笑)
思いのほかムスメがめちゃくちゃお世話をしてくれて。
ムスメが抱っこすると泣きやんで寝てくれるのでとっても助かってます!
ムスコも抱っこしたがったり、添い寝をしてとんとんしてくれたり、オムツを捨ててくれたり(これが自分の仕事だと思っておむつ交換の後必ずおむつを捨ててくれます)と協力的です。

今までムスメもムスコも「ママの隣りで寝る~」と、私の両サイドで寝ていたので、出産後は寝るポジションをどうしよかと悩んでいたのですが、二人とも「赤ちゃんの隣で寝る~」と
ママの存在は・・・(汗)
何故か赤ちゃんから一番遠い場所で私が寝る羽目に。
もちろん、ムスメとムスコが寝入ったら、即効でポジションチェンジしております。

画像 046 

久しぶりの夜の頻回授乳で寝不足と頭痛に悩まされてますが、昼間はめちゃくちゃ寝てくれているので、とっても助かってます。
赤ちゃんてこんなに小さくて可愛かったんだ~としみじみ。
今まで小さいと思っていたムスコがやたらと大きく感じます。

それから、出産前に作った作品も、ブログの下書きだけはしてあるので、徐々にアップできたらと思います。

まずは、出産に備えて作った必要最低限のベビーグッズ。


画像 030
大好きなBWづくしです(笑)

画像 029 
cakeさんの5枚はぎのニットベレー帽(size:42~45センチ)
内布は冬仕様でフリース生地
めちゃくちゃ小さくてびっくり。

それからダブルガーゼでリバーシブルボンネット

画像 031 
それからくま耳帽子 内布はドットのパイル生地です
同じ生地でリバーシブルミトンも作りました。
ムスメもムスコもミトンは使わなかったけれど、冬生まれなので外出時に防寒対策で使うかなと思って作ってみました。 


画像 027
まだすぐは使わないと思いますが、ニット生地4重スタイ

画像 034 
それから3wayダブルガーゼ授乳ケープ(C&Sさんの黒のギンガム生地)
4重ガーゼケット(ブルーのドット生地)
4重ガーゼおくるみ(ボーダー生地)

画像 033 
おくるみはこんな感じで使用します。





Posted by みき
 
[子供服